HOME | 教室の方針

教室の方針

まなびの方法を学ぶ場所

STUDYGYM/東の森進学会の方針
学ぶ意欲を高めます

まなびを学ぶ教室

STUDYGYM/東の森進学会はただ問題の解き方を学習する場ではありません。大人になってからも必要になる「自ら学び・考える力」を学んでもらう教室です。ここに通う生徒は自分で何を克服したいか明確に伝えてくれます。それは、教室で学ぶ中で自分がなにが得意で何を苦手としているか考えるようになっているからです。そのために必要なものはとにかくコミュニケーションだと考え、STUDYGYM/東の森進学会では少人数定員制とし、その分一人ひとりとの対話をしっかり行い生徒の学ぶ意欲と力を伸ばしていきます。

子供も保護者も先生も笑顔

私達の強み

自信がやる気につながる

ほめて・励ます指導

褒められると自信がつき、やる気が出てくる。これは小学生でも高校生でも同じことです。私たちは生徒一人ひとりと向き合い、良いところは褒め直すべきところは指摘することを徹底しています。STUDYGYM/東の森進学会の指導の基本は「自分の学びに自信を持ってもらうこと」です。そのために講師はしっかり生徒とのコミュニケーションをとっています。

 
ほめて伸ばします

伸びる思考力

やってみよう! まちがってみよう!

人は失敗から学びます。だからこそ私たちは生徒の間違える経験を大切にしています。教室には間違いを叱る講師はいません。むしろ間違いは大切なプロセスと捉え、そこから正しい解法を学んでもらいたい。私たちはそのサポート役に徹します。生徒自身の考える過程を大切にすることで、どんな学習形態でも思考力を伸ばすことを可能にしています。

苦手を見つけます

自分の苦手がわかれば解決も早い

勉強が嫌い、成績が上がらないという子は、自分が何を苦手としているかがそもそもわかりません。「算数が苦手」「英語が嫌い」から「算数の単位量あたりのところからわからなくなっている」「そもそも中1前半の内容ができない」といった具体的な問題部分を一緒に探していきましょう。
勉強を楽しめるようになりたい、成績を上げたい。その第一歩は苦手さがしからはじまります。
苦手を一緒に探しましょう

教育の基本は、コミュニケーション。

私たちが大切にしていること

ご家庭との対話も大切にします

生徒の声に耳を傾け適切な指導を行うことはもちろん、ご家庭とのコミュニケーションも大切にします。月に一度の学習報告書や定期面談はもちろん、ご家庭での学習に不安があるときは遠慮なくご相談ください。私たちも一緒に対策を考え、学びのアイデアを提案していきます。

\ お知らせ /

STUDYGYM/東の森進学会は3月をもって入会受付を終了いたしました